2019年5月22日(水)

米司法省、GE元技術者ら産業スパイで起訴 中国政府関与

トランプ政権
米中衝突
中国・台湾
北米
2019/4/24 6:07 (2019/4/24 7:06更新)
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=鳳山太成】米司法省は23日、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のガスタービン技術を中国に持ち出した産業スパイの罪で、GEの元技術者ら2人を起訴したと発表した。金銭的な支援など、背後に中国政府の関与があったと指摘した。米国は中国による「国家ぐるみ」の技術窃取に対して取り締まりを強化している。

中国に機密情報を渡した罪でGEの元技術者らを起訴した=AP

中国に機密情報を渡した罪でGEの元技術者らを起訴した=AP

起訴したのは中国系米国人の元技術者と、中国人事業家。元技術者はGEのタービンの設計情報などの電子ファイルを盗み出し、中国に住む事業家に情報をメールで送るなどした疑いがある。産業スパイや企業秘密の窃取など14件の罪で起訴した。

ロイター通信によると、元技術者は23日、ニューヨーク州の裁判所に出廷し、無罪を主張した。

起訴資料によると、2人は自ら設立した中国のタービン会社を通して中国政府から金銭的な援助を受けていたもようだ。獲得したGEの機密情報が自らの利益になるだけではなく、中国企業の技術力を高めたい中国政府の目的に使われることを認識していたと断じた。

米政府は、中国が国家ぐるみで米国企業に産業スパイ活動やサイバー攻撃を仕掛け、最先端技術など企業秘密を盗み出していると批判している。米中両政府が足元で取り組む貿易協議でも、中国による知的財産権の侵害を食いとめることが大きな議題となっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報