/

バイデン氏、25日に出馬表明へ 米メディア

【ワシントン=永沢毅】複数の米メディアは23日、2020年の米大統領選で民主党の有力候補と目されているバイデン前副大統領(76)が25日に出馬を表明すると一斉に報じた。大半の世論調査で首位を走るバイデン氏が立候補を明らかにすれば、大統領選は実質的に幕開けとなる。

25日朝にウェブサイトに動画を投稿して出馬表明する。29日には東部ペンシルベニア州ピッツバーグで表明後初の演説に臨む見通し。その後、アイオワやニューハンプシャーなど予備選が早い時期に開かれる州を遊説する計画だ。

バイデン氏はオバマ前政権で副大統領を8年務めた実績と知名度で、多くの世論調査で現時点で優位に立っている。1988、2008年にも民主の候補指名争いに名乗りを上げたが、敗北した。今回が3回目の挑戦となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン