/

この記事は会員限定です

英与党の反主流派、再びメイ首相降ろし 支持率急落で

「党首不信任」のルール変更図る

[有料会員限定]

【ロンドン=中島裕介】英与党・保守党内でメイ首相への退陣圧力がまた高まり始めた。欧州連合(EU)離脱の時期が最長10月末に延期されたうえに、行き詰まりの打開を宿敵の労働党との協議に委ねる姿勢に党内の不満が高まっている。5月2日の地方選や5月23日の欧州議会選挙を前に保守党の支持率は急落しており、「メイ首相では戦えない」との焦りが広がっている。

保守党の支持率は、10月末までの離脱延期を固めた10~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン