2019年5月27日(月)

米コカ・コーラ、23%増益 健康志向商品が好調 1~3月

小売り・外食
北米
2019/4/24 4:14
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米清涼飲料大手コカ・コーラが23日発表した1~3月期決算は売上高は前年同期比5%増の80億2000万ドル(約8900億円)、純利益は同23%増の16億7800万ドルだった。スポーツドリンク、ダイエット飲料など消費者の健康志向に沿った製品群が好調だった。売上高は市場予測(78億ドル前後)を上回った。

米コカ・コーラはスポーツドリンクなどの売り上げが好調だった=AP

地区別の売上高では、ヨーロッパ・中東・アフリカ地区が前年同期比5%増となり、南米の10%減を補った。中核の北米は1%増だった。

ボトル飲料水とスポーツドリンクの売上高は小容量商品が寄与し、6%増だった。一方、紅茶、コーヒー製品は横ばいにとどまった。

販売動向のものさしとされるケース販売量はアジアとヨーロッパ地区が好調で、全体で2%増を記録した。北米地区は1%減だったが、同社は値上げと復活祭の祝日が4月だったため、1~3月の販売に反映されなかったためとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報