/

この記事は会員限定です

セブン、食品ロス削減加速 即席麺でも返品抑制

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンは即席麺で仕入れルールを緩和する。賞味期限までの期間が少ない商品も受け入れ、店頭に並ばず返品されて捨てる「食品ロス」削減の取り組みを加速する。消費者は賞味期限が近い商品を手にする機会が増える可能性があるが、環境配慮意識の高まりで、ルール緩和に動く他の大手コンビニなども受け入れてもらえると見込む。

食品ロスの一因とされている商習慣に「3分の1ルール」がある。メーカーが製造日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1907文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン