2019年7月20日(土)

3月のタイ自動車生産、5年8カ月ぶりの高水準

自動車・機械
東南アジア
アジアBiz
2019/4/23 22:22
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】タイ工業連盟(FTI)は23日、3月の自動車生産台数が前年同月比2%増の19万8821台だったと発表した。単月としては5年8カ月ぶりの高い水準だった。国内の買い替え需要が引き続き旺盛なうえ、3月末から4月初めにバンコク郊外で開かれた東南アジア最大級の自動車展示会に伴う販売増を見越して自動車各社が生産を拡大したためとみられる。

バンコク郊外で開かれた自動車展示会「バンコク国際モーターショー」(3月、ノンタブリー県)

仕向け地別にみると、国内向けは4%増の9万4983台。タイでは乗用車としても使われる小型のピックアップトラックの生産が伸びた。タイでは、2012年導入の新車購入奨励策による「5年縛り」の買い替え禁止期間が終了したのに伴い旺盛な買い替え需要が発生している。FTIは「3月はさらに自動車展示会に向けた生産が膨らんだ」と説明した。タイでは展示会場で来場者向けに予約販売するのが一般的となっている。

輸出向けは0.1%減の10万3838台だった。オーストラリア向けなどが落ち込み、前年をわずかに下回った。

車種別でみると、ピックアップトラックが国内向け、輸出向けともに好調だった。一方、乗用車では減速が目立つ。

1~3月累計の生産台数は前年同期比4%増の56万1487台だった。FTIは19年の年間生産台数の見通しを215万台としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。