/

ソフトバンク孫氏 ビットコインで150億円損失

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は23日、ソフトバンクグループ(SBG)の孫正義会長兼社長がインターネット上の仮想通貨ビットコインへの個人的な投資によって、1億3000万ドル(約145億円)あまりの損失を出したと報じた。

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長はビットコインで約145億円の損失を出したと報じられた

同紙が複数の関係者の話として伝えたところでは、孫氏は2017年に買収した資産運用会社フォートレス・インベストメント・グループのピーター・ブリガー共同会長の勧めで17年にビットコインに投資、相場が急落した18年に売却したという。ソフトバンクグループの広報は「コメントを差し控える」としている。

孫氏はSBGの創業者。米フォーブス誌の長者番付(2019)によると総資産額は2兆6670億円。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長に次いで日本で2番目の富豪になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン