2019年5月23日(木)

スリランカ爆破テロ、「イスラム国」が犯行声明

南西ア・オセアニア
2019/4/23 20:44
保存
共有
印刷
その他

【ニューデリー=黒沼勇史】スリランカの最大都市コロンボなどで起きた連続爆破テロ事件で、中東の過激派組織「イスラム国」(IS)が23日、系列メディアを通じて犯行を認める声明を出した。ツイッター上に流した声明文には「各国市民を標的にしたのはISの戦士だ」と明記した。

コロンボの爆発現場を調べる警察官(22日)=ロイター

コロンボの爆発現場を調べる警察官(22日)=ロイター

今回のテロ事件を巡っては、3都市でほぼ同時刻に自爆テロが起きた手口から、ISの関与が疑われていた。スリランカ政府も22日、自国のイスラム過激派組織「ナショナル・タウヒード・ジャマア(NTJ)」が関与したとの見方を示す一方、国際的なテロ組織の支援なしには実行できなかったとも指摘していた。スリランカ政府は米連邦捜査局(FBI)などに捜査協力を求めている。

スリランカ警察は23日、高級ホテルやキリスト教会など8カ所で起きた一連のテロ事件で、これまでに外国人を含む死者が321人、負傷者が約500人に上ったと公表した。日本人1人も犠牲になっている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報