/

この記事は会員限定です

識別技術、AI活用でものづくり・医療に グローリー

[有料会員限定]

貨幣処理機大手のグローリーは硬貨や紙幣の識別、顔認証などで培った技術を応用し、ものづくりや医療の現場に進出する。製造現場のライン上で部品を正確に取りつけたり、出荷の際に正しく仕分けたりする機器の開発、製造、販売に力を入れる。キャッシュレス化の進展による経営環境の変化に備え、新規の顧客開拓につなげたい考えだ。

「形がくしゃくしゃで折り重なっていても人工知能(AI)が判断して正しい商品をピックアップできます」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1122文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン