2019年7月23日(火)

福井県の杉本知事就任 「廃棄物 県外処理守る」

2019/4/23 19:52
保存
共有
印刷
その他

福井県知事選で初当選した杉本達治新知事が23日、就任した。同日、県庁で記者会見を開き、「現場徹底主義に基づき、公平、公正、クリーンな県政にしていく。令和という新時代にふさわしい県政を作る」と抱負を述べた。記者会見での主なやりとりは以下の通り。

就任会見で抱負を語る福井県の杉本達治新知事

――県内の原子力発電所は課題が山積している。

「発電は担うが使用済み燃料や放射性廃棄物は県外で処理するという方針は守っていく。(40年超経過している原発の再稼働について)安全対策の工事を進めていて、来年の春以降に遅れていくと思う。安全工事の状況とか国の動きなどをみながら判断していく」

――北陸新幹線の延伸が4年後に迫る。

「確実に開通できるように協力し受け皿づくりを進める。朝倉氏遺跡の博物館など整備する計画がある。敦賀駅までの開業と同時に引き続き(以西への)工事ができるよう具体的な提案も必要だ」

――第2恐竜博物館の構想がある。

「今の場所をいかに活用して、拡充していくかが大事だ。観光のキラーコンテンツなのは明らか。建物を大きくするのではなく、いかにして地域の活性化に結びつけるかが重要だ」

――(選挙で対立候補を応援した)経済団体の首脳との関係は。

「すでに個別に話を始めているが、対立している感じはない。可及的速やかに融和が図れるようにする。県内が一体化することに反対する方はいないと思う」

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。