/

鈴与商事、スカイディスクに出資

鈴与商事は、今年1月に業務提携した人工知能(AI)関連の技術を開発するスカイディスク(福岡市)に出資した。スカイディスクの数%分の新規発行株式を引き受けた。金額は公表していない。資本関係も結び、事業面での連携を深める。

両社は、あらゆるモノがネットにつながるIoTや、AIなどの技術を使い、製造現場の効率化や省人化サービスを拡大させるため業務提携した。鈴与商事は制御機器によるデータ収集や、製造プロセスの可視化などに強みがある。スカイディスクは音、振動といったデータを解析し、不良品の原因特定や設備の故障予知などのサービスを手がける。

両社は業務提携を交わす前から、事業面での協業を重ねてきた。資本関係の結びつきを強めることで、人手不足が深刻化する製造業向けの省人化サービス展開を加速させる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン