2019年8月21日(水)

群馬県、IoT活用の狩猟わな 鳥獣被害対策で導入

2019/4/23 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

群馬県はあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した狩猟わなによる鳥獣被害対策に乗り出す。長野原町の牧場で、シカなどの捕獲のため実験的に活用を始めた。獲物を捕獲すると即時にスマートフォン(スマホ)などにメールが届くため、見回りの回数を減らせる。県内の狩猟者は高齢化が進んでいるため、活用を広げて負担軽減につなげたい考えだ。

県が活用を始めたのはハンテック(東京・目黒)が開発した狩猟用センサー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。