ミャンマー、ロイター記者に実刑 専門家に聞く

2019/4/23 19:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ミャンマー最高裁判所は23日、イスラム系少数民族ロヒンギャへの迫害問題の取材中に国家機密を入手したとして有罪判決を受けたロイター通信の記者2人の判決公判で、上告を棄却した。内外の専門家に聞いた。

上智大の根本敬教授 判決は残念だが、想定の範囲内だ。ミャンマーでは国防や治安に関わることは軍の最高司令官に最終的な権限があるとされる。司法の独立も確保されておらず、最高裁は「記者の取材は不法」との軍の判…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]