/

この記事は会員限定です

問われた集団過熱取材 ネットの「正義」に教訓

平成と事件~和歌山毒物カレー事件(1998年)

[有料会員限定]

事件が起きる。現場に押し寄せるメディア。興奮、いらだち。そんな場面にたくさん立ち会ってきたが、和歌山市で発生した毒物カレー事件はとりわけ異様だった。

夏祭りでふるまわれたカレーライスを口にした住民が次々に倒れ、4人が死亡――。その夜から現場は騒然となった。

しかし例がないほどの集団的過熱取材(メディアスクラム)が始まったのは、地域に住む夫婦にヒ素が絡んだ保険金疑惑が浮上してからだ。

夫婦の自宅を数...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン