2019年7月18日(木)

ヘン財務相、副首相に昇格 シンガポールの首相最有力候補に

東南アジア
2019/4/23 18:38
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】シンガポールのリー・シェンロン首相は23日、ヘン・スイキャット財務相が5月1日付で副首相を兼務する内閣改造を発表した。2人の現副首相は首相経験者らがついてきた上級相に就任する。ヘン氏は次期首相の最有力候補とみられているが、副首相への昇格でその可能性が一段と高まった。

副首相への昇格で、ヘン・スイキャット氏の次期首相候補としての位置づけがより明確になった

リー首相は23日、フェイスブックに「私が国内に不在の時は、ヘン氏が首相としての役割を果たすことになる」と投稿した。ヘン氏ら次の世代のリーダーが古い世代の役割を引き継ぎつつあるとも説明し「全ての国民に次の世代のリーダーたちへの支援をお願いする」と訴えた。

ヘン氏は2018年11月には、与党・人民行動党(PAP)の序列2位のポストである書記長第1補佐に就任している。書記長第1補佐と今回昇格が決まった副首相ポストはかつてリー首相も就いていた役職で、後継者としての位置づけを内外に強く示すことになった。シンガポールは21年4月までに次の総選挙を実施することになっており、その前後での首相昇格が有力視されている。

ヘン氏は官僚出身で1997年から3年間、故リー・クアンユー元首相の首席秘書官を務めた。金融通貨庁長官などを経て政界に転じ、初当選した11年に教育相に抜てきされた。16年5月の閣議中に脳卒中で倒れたものの、現在は完全復帰している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。