水産物禁輸の即時撤廃要請 日韓局長が協議

2019/4/23 18:00
保存
共有
印刷
その他

外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は23日、韓国外務省の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と都内で会談した。韓国による福島など8県産の水産物の輸入禁止措置を即時撤廃するよう要請した。韓国外務省によると金氏は「国民の健康と安全が最優先だ」との立場を説明し、日本の要請に応じなかった。

局長協議は韓国の禁輸措置をめぐる世界貿易機関(WTO)の最終審で日本が逆転敗訴して以降は初めて。日本側は日本産食品の安全性を認めた一審の判断は覆されていないとして規制撤廃を求めた。韓国側はWTOの判断を尊重すると主張し、平行線をたどった。

金杉氏は韓国最高裁が日本企業に賠償を命じた元徴用工問題について、日韓請求権協定に基づく協議を重ねて要請した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]