耐性ウイルス発見のインフル薬 「通常」での使用避けて

2019/4/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」で耐性ウイルスが相次いで見つかっている。日本感染症学会は4月、ゾフルーザの使用方針について学会の指針を策定することを決めた。来期以降の季節性インフルエンザの流行シーズンに向けて、感染症学会やゾフルーザを開発した塩野義製薬の動向が注目される。けいゆう病院感染制御センターの菅谷憲夫センター長に、ゾフルーザを巡る現状をどのように理解すれば良いのかを聞いた。

――国立感…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]