2019年8月19日(月)

セブン、顧客単価を1500円引き上げた300の施策
セブン&アイ デジタル起点の店舗戦略(上)

2019/6/11 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングスが、デジタル戦略に注力している。その要がCRM(顧客関係管理)の強化だ。登録者が1400万人を超える会員IDを軸としたデータを、グループ横串で活用することでLTV(ライフ・タイム・バリュー=顧客生涯価値)の増加を狙う。これまでデータに基づき約300の施策を実施。月平均購買金額を1535円高めた。

【次回記事】セブンの省人型店舗実験 労働時間を5分の1に削減

「POS(…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。