2019年6月17日(月)

循環で考えるマーケティング(5) 循環で捉えることのメリット
清水聰 慶応大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/4/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

循環で消費者の意思決定プロセスを捉えることは、過去の概念をすべて取り入れられる以外に、いくつものメリットがあります。

まず、企業の行う各種コミュニケーション戦略の効果を、体系的にきちんと測定できることです。今まで広告はモノやサービスの認知に、値引きなどのプロモーションは購買に影響するとされ、それらの施策はバラバラに行われ、効果もバラバラに測定されていました。しかし、短期的な認知や購買ではなく、モ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報