クラウド仮想化の進化形、「コンテナ」の正体
3大クラウド新技術(3)

2019/6/6 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アプリをすぐに動作させることができ管理も容易。異なる環境にも移しやすい。クラウドの仮想化技術の1つである「コンテナ」の活用が進みつつある。リコーなどが導入し、信頼性向上や処理時間の短縮といった成果を得ている。

【前回記事】面倒な設定は全部お任せ、「サーバーレス」の威力

「米国ではGE(ゼネラル・エレクトリック)や(物流大手の)UPSといった大手が本番環境で導入している。日本企業にも広がるのは間違い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]