2019年5月25日(土)

勝利のメンタリティー(山本昌邦)

フォローする

実力均衡 上位も気抜けず 今季J1、俊英も続々

(1/3ページ)
2019/4/25 6:30
保存
共有
印刷
その他

明治安田生命J1リーグは長丁場の戦いのほぼ4分の1を終えたところ。第8節終了時点でFC東京が6勝2分け(勝ち点20)の無敗で首位を走り、2位広島(同17)、3位名古屋(同16)と続く。一方、降格圏には17位仙台、18位鳥栖が勝ち点4で沈んでいる。とはいえ、現在の順位は仮のもので、上位も中位も下位もまったく気の抜けない団子レースが続きそうである。

志向が明確な大分、躍動感あふれる

驚きは昇格組の大分の奮戦だろう。8試合を戦って5勝1分け2敗の勝ち点16で4位につけている。チームをけん引するFW藤本憲明(29)は6ゴールを挙げ、アンデルソンロペス(札幌)、ディエゴオリベイラ(FC東京)と並んで得点王争いのトップに立つ。

といっても、大分の躍進は藤本の決定力に依存しているわけではない。チームとして志向するサッカーが明確にあり、そのフレームの中で藤本も輝けている。

大分のサッカーは実に大胆で、GKからポゼッションを始め、相手のプレスにひるむことなく、低い位置からボールを丁寧に運んでいく。それでいて、攻撃にもたつく感じはない。速さを追求すべきときはしっかりスピードアップしてゴールに襲いかかる。サッカー全体に躍動感があふれている。

昇格組の大分の奮戦は驚きに値する=共同

昇格組の大分の奮戦は驚きに値する=共同

2016年から大分の指揮を執る片野坂知宏監督は、コーチとしてそれまでG大阪時代に西野朗監督(前日本代表監督)、長谷川健太監督(現FC東京監督)、広島時代にペトロビッチ監督(現札幌監督)、森保一監督(現日本代表監督)に仕えた。その修業の成果を存分に発揮している感じだ。

偶然かもしれないが、現在の上位5クラブの監督はFC東京・長谷川監督、広島・城福浩監督、名古屋・風間八宏監督、大分・片野坂監督、鹿島・大岩剛監督と全員日本人指導者だ。チームづくりの方法論はそれぞれ違っても、共通するのは細やかな指導。自分たちの長所をどう出し、短所をどう隠すか、言葉の力を借りながらダイレクトに選手に伝えられる良さがある。選手を刺激したり、行動のスイッチを入れたりするのにロスが少ない。

好調のFC東京にしても、試合中はぴりっと締まった空気が漂う。長谷川監督の威令がチームの隅々にまで行き届き、最初から最後まで怠けさせることがない。攻撃も監督が強調する「ファストブレーク(速攻)」を昨季より巧みにこなせるようになっている。体が強くなって自分でボールを運ぶこともできるようになった久保建英の成長が、そこで果たす役割は大きい。

FC東京の攻撃で久保(左)が果たす役割は大きい=共同

FC東京の攻撃で久保(左)が果たす役割は大きい=共同

6月で18歳になる久保は守備でも成長の跡が見える。ここも長谷川監督に相当鍛えられたようだ。過去の例を見ると、2種登録(18歳以下)のユースチームに所属しながらJリーグに出場し経験を積んだ選手は、稲本潤一(当時G大阪)、阿部勇樹(当時千葉)、森本貴幸(当時東京V)のように後に日本代表へとステップアップしていった。こうやって「鉄は熱いうちに打て」るのがJクラブの育成の最大のメリット。鳥栖の松岡大起も久保と同じ17歳で、こういう選手がここに来て次々に現れるのは実に頼もしい。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

勝利のメンタリティー(山本昌邦) 一覧

フォローする
U―20日本代表はU―20W杯でエクアドル、メキシコ、イタリアと対戦する=共同共同

 6月、サッカーの日本代表は4台の“バス”をブラジル、フランス、ポーランドで走らせる。男子のU―20(20歳以下)、U―22(22歳以下)、フル代表、そして女子のなでしこジャパンである。それぞれ目指す …続き (5/23)

昇格組の大分の奮戦は驚きに値する=共同共同

 明治安田生命J1リーグは長丁場の戦いのほぼ4分の1を終えたところ。第8節終了時点でFC東京が6勝2分け(勝ち点20)の無敗で首位を走り、2位広島(同17)、3位名古屋(同16)と続く。一方、降格圏に …続き (4/25)

岡崎をはじめ、欧州主要リーグで優勝に貢献する選手も増えた=共同共同

 平成が間もなく終わろうとしている。日本サッカーが急成長を遂げたこの時代を自分の体験に引き寄せながら振り返ってみたいと思う。
 昭和から平成に移り変わるころ、西暦でいうと1989年1月に自分は何をしてい …続き (3/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]