衆参で候補一本化急ぐ 立民・国民党首会談、同日選にらむ

2019/4/23 13:28
保存
共有
印刷
その他

立憲民主党の枝野幸男代表は23日、国民民主党の玉木雄一郎代表と国会内で会談した。夏の参院選に合わせた衆参同日選の可能性を視野に入れ、衆院小選挙区の野党の候補者一本化に向けた協議を始めることで一致した。枝野氏は共産党の志位和夫委員長ら他の野党の党首とも週内に個別に会談する。

枝野、玉木両氏は参院選で32ある改選定数1の1人区の候補者調整について、5月の大型連休明けに終わらせることも確認した。市民グループ「市民連合」との政策協定締結に向け、各野党の政策担当者間で協議を始めることでも一致した。会談後、玉木氏は「衆院も含めて候補者を選ぶことを合意できたのは大きな一歩だ」と述べた。

枝野氏は23日、国会内で立憲会派に所属する岡田克也衆院議員とも意見を交わした。会談後、岡田氏は記者団に「野党で協力しないと参院選の1人区は厳しい状況だと申し上げている。そこは共有できていると認識した」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]