2019年5月23日(木)

厚労省、情報共有に不手際再び 介護保険料ミスの報告遅れ

経済
2019/4/25 11:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

相次ぐ不祥事を受け、根本匠厚生労働相が掲げる「ガバナンス(組織統治)強化」が空回りしている。統計不正問題がくすぶるなか、外郭団体の計算ミスで2019年度に必要な介護保険料が不足する事態が発覚。厚労省は情報共有の不手際を認め、問題が報じられるまで事務方トップの鈴木俊彦次官に報告されていなかったことも判明した。組織の分断が深刻だ。

「担当者が影響を十分に認識せず、上司や幹部に情報が上がらなかった」。…

介護保険料の徴収ミスについて厚労相は役所の対応がまずかったと認めた

厚労官僚まさかの「たかが?200億円」[有料会員限定]

2019/4/24 6:30

厚労行政、とまらぬ不祥事 介護保険で200億円ミス[有料会員限定]

2019/4/5 20:17

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報