/

この記事は会員限定です

低コスト米、アジアの中間層開拓 生産費4割減へ

[有料会員限定]

農林水産省は輸出向けに低コストのコメ栽培技術を開発する。大量に収穫できる品種を活用したり、自動運転トラクターなどIT(情報技術)を生かしたりすることで生産コストの4割超の削減を目指す。日本のコメはアジアで販売が伸びるが、価格の高さから高級外食店などに売り先が限られる。国内需要は減少が続いており、安価なコメの栽培技術を確立して海外市場を開拓する。

今春から2年間、宮城・茨城・福井・岐阜の4カ所で、農...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り884文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン