/

Windowsの令和対応、10連休前に間に合わない恐れ

日経クロステック

パソコン基本ソフト(OS)「Windows(ウィンドウズ)」を新元号「令和」に対応させるための更新プログラム(パッチ)の配信時期が不透明になっている。2019年4月23日午前の時点で、まだ配信が始まっていない。

Windows 7の「日付と時刻」画面。現時点では令和に対応しておらず「平成31年5月」のカレンダーが表示される

日本マイクロソフトは「現在、米国の技術チームが準備を進めているところで、まだ配信時期は確定していない。10連休に入る前の26日までの配信開始を目指している」(広報)が、間に合わない可能性もある。「全製品で同時期に配信せずに、Windows 10/8.1/7などの製品によって配信開始時期を変えることになるかもしれない」(広報)と説明する。

今後配信する予定のパッチは、Windowsの時刻制御をつかさどる「日付と時刻」を修正して令和に対応する。平成の次が令和だという内部ロジックを実装して、19年の1月から4月までが平成31年で、5月以降が令和元年と認識させる。かな漢字変換機能も修正して、令和を変換できるようにしたり、令和を全角1文字で表す「合字」を追加したりする。

日本マイクロソフトは、パッチ適用が新元号対応の前提になるとして、パッチの適用を呼びかけてきた。5月1日の改元日までにパッチが配信されなかったり、配信されても10連休のためにパッチ適用が遅れたりした場合、Windowsで動作する情報システムで改元に伴う誤動作が発生する懸念がある。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2019年4月22日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン