/

現場通学路で遺族ら追悼 京都・亀岡の登校事故7年

京都府亀岡市で2012年4月、集団登校中の児童らの列に車が突っ込み、10人が死傷した事故は23日、発生から7年になり、遺族らが現場の通学路で犠牲者を追悼した。

集団登校事故から7年となり、現場で犠牲者を追悼する参列者ら(23日午前、京都府亀岡市)=共同

法要には遺族ら約40人が参加し、花を供え手を合わせた。登校に付き添っていて亡くなった妊婦の松村幸姫さん(当時26)の父、中江美則さん(55)は「娘と遠く引き離された気持ちで、この日が1年で一番苦しい」と言葉を振り絞った。

小学2年の小谷真緒さん(当時7)を亡くした父の真樹さん(36)は、東京・池袋や神戸市などで歩行者が犠牲となる事故が相次いでいることを受け「事故の真実はまだ分からないが、7年を振り返ると、ドライバーや同乗者の思い一つで救えた命が必ずあったと思う」と悔しさをにじませた。

事故は12年4月23日朝、亀岡市の府道で起きた。無免許の元少年(25)=懲役5年以上9年以下の不定期刑が確定=が居眠り運転し、3人が死亡、児童7人が重軽傷を負った。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン