2019年5月25日(土)

金正恩氏、近く訪ロ 朝鮮中央通信

北朝鮮
朝鮮半島
2019/4/23 7:03 (2019/4/23 10:15更新)
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の朝鮮中央通信は23日、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が近くロシアを訪問し、プーチン大統領と会談すると伝えた。国営メディアが訪ロについて伝えるのは初めて。詳細は伝えていないが特別列車で24日にも極東ウラジオストクに入り、プーチン氏とは25日に会談するとみられる。

北朝鮮最高指導者による訪ロは2011年8月に故金正日総書記が東シベリアのウランウデを訪れて以来、約8年ぶりとなる。両首脳はウラジオストクのルースキー島で会談する。

物別れに終わった2月末の米朝首脳会談を踏まえ、金正恩氏が非核化を巡りどのような姿勢を示すかが焦点だ。金正恩氏は3回目の米朝首脳会談に意欲を示したが、米国には一方的な譲歩を要求している。伝統的友好国のロシアと関係を強め、トランプ米政権をけん制する狙いがある。

ロシアは国連安全保障理事会の常任理事国として対北朝鮮制裁の議論に影響力がある。金正恩氏は制裁の早期緩和に向けて、ロシアの支持を取り付けたい考えだ。

ロシアのプーチン大統領(写真左)と北朝鮮の金正恩委員長=ロイター

ロシアのプーチン大統領(写真左)と北朝鮮の金正恩委員長=ロイター

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報