米ヘルスケア株に政治の逆風
米州総局 宮本岳則

2019/4/23 6:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

22日の米株市場ではダウ工業株30種平均が反落し、史上最高値の更新はひとまずお預けとなった。足元で相場の重荷になっているのが製薬や保険などヘルスケア株の低迷だ。関連株で構成する上場投資信託(ETF)は年初来の安値圏で推移し、反転の兆しは見えない。2020年の米大統領選を控え、政治の逆風が吹きつけており、投資家を慎重にさせている。

「ヘルスケア株をあえて買う投資家はいない。用心するに越したことはな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]