2019年7月17日(水)

米クラフト・ハインツ、新CEOにアンハイザー幹部

小売り・外食
北米
2019/4/23 4:10
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=河内真帆】米食品大手クラフト・ハインツは22日、ベルナルド・ヒーズ最高経営責任者(CEO)が6月末で辞任し、後任にビール大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ幹部のミゲル・パトリシオ氏が就任すると発表した。同社を巡っては巨額の「のれん代」の減損処理を迫られたことで、経営責任を追及する声が高まっていた。

7月1日付でクラフト・ハインツのCEOに就くミゲル・パトリシオ氏

ヒーズ氏は2015年7月にCEOに就任していた。同社は2月に発表した2018年10~12月期決算で「クラフト」や「オスカー・マイヤー」の商標といった資産の減損処理に154億ドル(約1兆7千億円)超を費用計上。大株主の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が「合併にカネを払いすぎた」と投資判断を批判していた。

また、調達先との仕入れ慣行に関して会計処理に疑問があるとして、昨年に米証券取引委員会(SEC)から召喚状を受け取ったと公表したことも嫌気され株価が低迷していた。

パトリシオ氏の選任については同社の大株主でもある投資ファンド3Gキャピタルが支援した。消費財大手では米ペプシコや英蘭ユニリーバなども昨年、「物言う株主」の圧力でCEOが辞任に追い込まれている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。