/

この記事は会員限定です

動画アプリ「TikTok」急ブレーキ 米印で問題浮上

[有料会員限定]

【上海=松田直樹、広州=比奈田悠佑】世界最大の企業価値8兆円強の評価を受ける中国のユニコーン企業(企業価値10億ドル超の非上場企業)の成長に急ブレーキがかかってきた。動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を展開する北京字節跳動科技(バイトダンス)。米国やインドから相次ぎその運営方法、サービス内容を巡り待ったがかかった。中国の有力新興企業は短期で失速する企業も多く、同社も正念場だ。

「T...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2264文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません