/

この記事は会員限定です

長野県内の市議会、タブレット導入進む 議員のスキルやマナー課題

[有料会員限定]

長野県内の市議会で、タブレット端末や文書共有システムを導入する動きが相次いでいる。松本市議会は2019年度中に議案の審議にタブレット端末を取り入れる。長野市議会はタブレット端末を議員の資料閲覧、事務局との事務連絡に活用している。既に導入している議会ではペーパーレスによる経費削減の効果が出ているが、議員の技術習得やマナーの徹底が課題になっている。

松本市議会は9月から議員にタブレット端末を貸与し、議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン