スリランカ連続テロ「政府は融和に腐心」中村沙絵氏

2019/4/22 19:33
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都大の中村沙絵准教授 今回の事件の犯人像について現時点で断定するのは早計だが、これまでと手法が異なる点がある。まず島の西部と東部にまたがる複数の対象を同時に狙う組織的なテロ攻撃はほとんど起きたことがない。次に内戦後もキリスト教徒が暴力事件などの攻撃対象となったが、これはペンテコステ派など少数派の新興キリスト教団であったのに対し、今回はキリスト教徒の多数派で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]