/

この記事は会員限定です

JERAの小野田社長「アジアで調達から発電まで」 LNG調達世界最大、メジャーに対抗

[有料会員限定]

4月に東京電力ホールディングス中部電力の火力事業を完全統合したJERA(東京・中央)が、アジアで液化天然ガス(LNG)事業を拡大する。小野田聡社長は「ベトナムやタイでLNG受け入れ基地を手掛けたい」と述べ、LNGの調達から発電まで一貫して手掛ける方針を示した。

JERAは15年に東電と中部電が設立し、段階的に統合してきた。総発電容量は6700万キロワットと国内火力でシェア5割を占め、LNG輸入量は3500万トンと世界で最大だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り763文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン