/

データサイエンス研究科開設 横浜市立大、20年4月

横浜市立大学は22日、2020年4月に大学院でビッグデータの解析・活用を専門的に学ぶ「データサイエンス研究科」を開設すると発表した。同校は18年4月、首都圏の大学で初めてデータサイエンス学部を設置している。大学院までの教育体制を整えることで社会が求める高度なデータサイエンティストの育成を加速する。

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)などの先端技術を使ってデータを解析・活用し、社会の課題を解決する力を養う。主にデータを分析する統計学などとは違い、課題の発見やデータの収集、データ分析の解釈・提案まで一貫して学ぶのが特長だ。

横浜市大の医学部とも連携し、医療や予防、介護などヘルスケア分野における課題解決などにも取り組む。「データから新しい価値を創造する人材が社会から渇望されている」(窪田吉信学長)ことから、社会で即戦力になる実践的な人材を育てる狙いだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン