/

この記事は会員限定です

LIXIL、潮田CEO辞任が残す傷痕

証券部 太田明広

[有料会員限定]

LIXILグループの潮田洋一郎会長兼最高経営責任者(CEO)が18日、取締役など全役職から退くと発表した。唐突な「引責辞任」には影響力を温存する狙いが透けて見え、発表後に株価は急落。瀬戸欣哉前社長兼CEOとの対立はくすぶり、経営トップの人事を巡るガバナンス(企業統治)の機能不全が企業価値を損なう事態はなお出口が見えない。

「ガバナンス不全を招いた責任で辞めたわけではない。問題のすり替えでないか」。LIXIL株を保有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン