/

この記事は会員限定です

ウクライナ大統領にタレント、対ロ対話姿勢 欧米は警戒も

[有料会員限定]

【キエフ=小川知世】21日のウクライナ大統領選の決選投票で、タレント候補のウォロディミル・ゼレンスキー氏が現職のペトロ・ポロシェンコ大統領に大差をつけて勝利した。ゼレンスキー氏は欧州連合(EU)加盟など現政権の親欧米路線を維持しつつも、ロシアとの対話に前向きな姿勢を示す。政治経験がない同氏がどんな対ロ戦略を打ち出すのか、欧米には警戒感もにじむ。

「決して失望させないと約束する」。ゼレンスキー氏は2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン