/

この記事は会員限定です

伊藤忠、昆虫テックに投資 家畜のし尿を効率処理

[有料会員限定]

伊藤忠商事はハエの幼虫を使って家畜の排せつ物を処理するスタートアップのムスカ(福岡市)に十数億円を投じる。同社に出資するほか、同社が年内に着工予定の家畜し尿向けの処理プラントに投資する方針。

ムスカが活用するのは1100回以上の交配を繰り返した特殊なイエバエだ。家畜のし尿を幼虫が食べ、代わりに飼料と肥料を生み出す。有機廃棄物の処理時間を現状の2~3カ月から1週間に縮められる。処理を自動化した工場を畜産が盛ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン