/

中古マンション0.3%上昇 3月首都圏売り出し価格

東京カンテイ(東京・品川)が22日発表した3月の中古マンションの平均希望売り出し価格(70平方メートル換算)は、首都圏が3737万円で前月比0.3%上がった。前月比での上昇率は小幅だが、2カ月連続の上昇。前年同月比では3.3%高く、2018年12月以降、3%を上回る上昇が続いている。

都県別でみると、東京都が前月比0.4%高い4976万円、埼玉県も1%高で3カ月ぶりにプラスへ転じた。一方、神奈川県と千葉県は下落し、神奈川は前年同月比でも下回った。

都区部は5489万円と、前月比0.3%上がった。「購入できる顧客が限られる価格水準に近づいており、頭打ち感が強まっている」(高橋雅之主任研究員)という。

近畿圏は前月比1.3%高い2297万円。大阪市や神戸市で上昇が目立った。中部圏は1931万円で0.2%下がった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン