2019年6月20日(木)

循環で考えるマーケティング(4) 新しい意思決定プロセス
清水聰 慶応大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2019/4/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「研究者」と「実務家」双方の立場から、消費者がモノやサービスを購入するまでの意思決定プロセスと、それに関係する情報収集・発信の研究がされ、さまざまな概念が紹介されてきましたが、どの概念が正しい・間違っているというものではありません。

大切なことは、消費者は状況に応じて意思決定のやり方を変えている、ということです。つまり、どの概念も、消費者の行動のある一部分を説明できても、包括的な消費者の意思決定…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報