/

自公幹部、萩生田氏の増税延期発言に不快感

自民党の二階俊博幹事長は22日の記者会見で、消費増税を延期する可能性に触れた萩生田光一幹事長代行の発言に不快感を示した。「増税は党で十分議論した上で結論が出ている。軽々に言及すべきではない」と述べた。記者会見には萩生田氏も同席していた。

公明党の山口那津男代表も同日の記者会見で、萩生田氏が増税見送りなら国民の信を問うと発言したことに「信を問う資格があるのは安倍晋三首相だけだ」と指摘。「それ以外の人が言ったことは聞き流す」と語った。

「リーマン・ショック級のことがない限り予定通り増税するのが政府・与党の一貫した方針だ」とも強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン