/

この記事は会員限定です

三菱UFJ、みずほで大型システム減損 統合先送りのツケ

[有料会員限定]

大手金融機関が相次いでシステム関連の資産を減損処理している。3月に大型損失を発表したみずほフィナンシャルグループ(FG)に続き、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)もカード子会社で約1000億円の追加損失を計上する見込みとなった。背景には共通する「3つのワケ」がある。

1つ目は経営統合後の処理の遅れだ。MU

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り922文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン