/

この記事は会員限定です

横浜みなとみらい、新たな都心に 当初は苦労も

神奈川平成史

[有料会員限定]

「令和」への改元が迫り、まもなく平成が幕を下ろす。バブル景気とその後の不況、少子高齢化・人口減少、IT(情報技術)をはじめとする技術革新などにより、地域や経済はこの30年で大きく変化した。神奈川県の経済や社会はどう移ろったのかを追う。

「着任後にバブルが崩壊した。テナントが決まらないビルが相次ぎ、係長として苦労もあった」。元横浜市副市長の鈴木伸哉氏は、1989年に市の横浜みなとみらい(MM)21地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1406文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン