/

この記事は会員限定です

運用寡占化が招く試練(一目均衡)

米州総局 宮本岳則

[有料会員限定]

指数への連動を目指すパッシブファンドの寡占化で独走する「ビッグ3」が試練に直面している。マネー集中はどんな摩擦を生んでいるのか。

運用会社ブラックロックとバンガード・グループ、ステート・ストリートの米国勢3社は、約5兆ドル(約550兆円)の上場投資信託(ETF)市場でシェア7割を占める。スケールメリットが大きいパッシブ運用では、低手数料でマネーを取り込むビッグ3の優位は揺らがない。

米国では5月ご...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン