スーダンで文民組織発足へ デモ主導者ら軍との政権協議打ち切り

2019/4/22 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=岐部秀光】バシル前大統領(75)の政権が軍事クーデターで崩壊したスーダンで、反政府デモを主導してきた「スーダン専門職連合」は21日、軍が組織した「暫定軍事評議会」との政権移行をめぐる話し合いを打ち切ると発表した。政権の受け皿となる独自の文民組織を発足させる考えも明らかにした。即時の民政移管が約束されるまでデモを継続するという。

評議会は民政移管までの期間を2年としており、民衆の多くはこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]