ホンダが挑む伝統破壊 聖域の研究所を再編

2019/4/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダが創業以来の大改革に踏み切った。独立色が強かった研究開発子会社「本田技術研究所」にメスを入れ、二輪は本体と一体化し、四輪なども担当領域ごとに再編した。別会社にしたのは創業者、本田宗一郎氏のアイデア。他社にはない強みだったが、大変革期の自動車業界でその意味が問われていた。伝統を壊すホンダの狙いは何か。

4月2日、桜並木が満開の埼玉県朝霞市にあるホンダの研究所。前日に鈴鹿サーキットでの入社式を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]