2019年6月17日(月)

インサイド/アウトサイド

フォローする

首位快走楽天 福井ら、先発の二枚看板不在穴埋め

(1/2ページ)
2019/4/23 6:30
共有
印刷
その他

楽天が好調だ。昨季は最下位。オフにリーグ覇者西武から打点王の浅村栄斗がフリーエージェント(FA)移籍で加わったとはいえ、選手層はなお厚みに欠ける。開幕前には投手陣の柱、則本昂大が右肘手術で戦線を離脱。2ケタ勝利が計算できるエースの不在でシーズン前は悲観的な予想が大半だった。(記録は22日現在)

ところが、である。浅村が3番にどっしりと座り、前を打つ茂木栄五郎、後ろに控える4番島内宏明、5番ゼラス・ウィーラーが好調。銀次、ジャバリ・ブラッシュと続くジグザグ打線はいやらしく、つながりがある。

ブルペンにも安定感がある。やはり抑えの松井裕樹の復調が大きい。不振の昨季は抑え役を全うできず、シーズン途中で中継ぎ、先発に回され、わずか5セーブ止まり。それが結婚を経て迎えた今季はすっかり自信を取り戻している。制球も安定し、17日の西武戦では九回無死満塁での登板にも自信を持って3ボールから変化球を投げきり、昨季を上回る6つ目のセーブをマークした。

先発の二枚看板の則本昂、岸を欠く非常事態に新戦力の福井が2勝と役割を果たしている=共同

先発の二枚看板の則本昂、岸を欠く非常事態に新戦力の福井が2勝と役割を果たしている=共同

先発陣の健闘も光る。則本昂に続き、開幕投手を務めた岸孝之が初戦の五回途中で左太もも裏を痛めて降板。登録抹消となりローテーションの軸となるべき二枚看板のいない非常事態となったが、これに次ぐ面々が打線の頼もしい援護をバックに5~6回まで試合をこわさずに役割をこなしている。美馬学、辛島航といった生え抜き組に加え、新戦力の福井優也がすでに2勝を挙げて首脳陣の信頼を勝ち取っている。

菊池保則との交換トレードで広島から移籍。斎藤佑樹、大石達也とともに早大の「三羽がらす」と呼ばれたかつてのドラフト1位も、昨季は登板3試合で1勝もできなかった。すでに31歳、覚悟を決めて臨んだ今シーズンだった。

真っすぐを主体とするスケールの大きな本格派と、首脳陣は当初からローテーションの一角を期待。小さくまとまっては福井らしさが消えると、平石洋介監督は「攻めての四球は福井の持ち味」と大きく構えた。これがあたった。もともと細やかな制球で勝負するタイプではない。太っ腹な監督の後押しを受け、走者を出しても縮こまらずに本来の力の投球を心がけた。

初先発は4月3日の日本ハム戦(楽天生命パーク宮城)。5回を投げ4安打4四球と再三走者を背負ったが、決定打を許さず無失点。勝ち星こそつかなかったが、3-2の勝利に貢献した。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

インサイド/アウトサイド 一覧

フォローする
6月2日のDeNA戦で連敗を16で止め、タッチを交わすヤクルトナイン=共同共同

 ようやくヤクルトの連敗が止まった。6月2日、横浜スタジアムでのDeNA戦。九回裏2死三塁で4番手投手の梅野雄吾がDeNAの柴田竜拓を遊ゴロに仕留めると、ナインの表情に自然と笑みが浮かんだ。5月12日 …続き (6/4)

4月25日の巨人戦の三回、菅野から左前に適時打を放つ村上=共同共同

 ヤクルトの本拠地神宮球場で今季、チームの看板選手である山田哲人や青木宣親らと並んでスタンドからひときわ大きな声援を送られる若者がいる。高卒2年目にして開幕からスタメンに名前を連ねる村上宗隆だ。技術は …続き (5/21)

先発復帰1年目のオリックス・山本は抜群の安定感を見せている=共同共同

 愛知・東邦高が平成最初の甲子園大会優勝に続き、平成最後の栄冠にも輝いた選抜高校大会決勝が行われた4月3日、プロ野球でもファンの耳目を集める試合があった。オリックスの山本由伸(20)が本拠地、京セラド …続き (5/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]