/

この記事は会員限定です

仏パリに日本酒の酒蔵 山形の企業が今夏開設

[有料会員限定]

フランス産のコメと水を使って地酒づくり――。日本酒を企画・生産するWAKAZE(山形県鶴岡市)は今夏、パリ近郊に「日本酒」の酒蔵を開設する。現地の原料でつくり、飲食店などに販売する。欧州では日本酒の人気が高まっており、現地産にこだわった地酒づくりに挑む。

新設する醸造所は広さ450平方メートルで、原材料に南仏で栽培するジャポニカ米や現地の硬水などを用いる。杜氏(とうじ)は日本から送り込み、純米酒な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り211文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン