トヨタ、中国・清華大と共同研究 社長が講演

2019/4/22 0:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【北京=吉田悟巳】トヨタ自動車の豊田章男社長は21日、中国・北京市の清華大学で講演した。トヨタと同大で車や水素エネルギーなどを共同で研究する「連合研究院」を設立することも発表。豊田社長は「中国の水素社会構築のために新たな共同研究ができることをうれしく思う」と述べ、環境技術などの供与や共同研究を進める考えを示した。

豊田社長は講演で、コネクテッドカー(つながる車)や自動運転などの次世…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]