/

この記事は会員限定です

トヨタ、中国・清華大と共同研究 社長が講演

[有料会員限定]

【北京=吉田悟巳】トヨタ自動車の豊田章男社長は21日、中国・北京市の清華大学で講演した。トヨタと同大で車や水素エネルギーなどを共同で研究する「連合研究院」を設立することも発表。豊田社長は「中国の水素社会構築のために新たな共同研究ができることをうれしく思う」と述べ、環境技術などの供与や共同研究を進める考えを示した。

豊田社長は講演で、コネクテッドカー(つながる車)や自動運転などの次世代技術「CASE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン