外食不振 気を吐くカフェ 「スタバ流」で客層拡大

2019/4/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飲食店での消費が低迷するなか、カフェチェーンが健闘している。利用客1人が飲食店で支払う客単価は1998年を100としたとき、2018年は全体が96.5とデフレの状況から抜け出せていない。だがカフェは125.8まで上昇した。90年代後半に米スターバックスなどが上陸し、テークアウトなど新しいトレンドを生んだほか、居心地の良さを重視した店舗づくりが国内勢に波及。食事メニューなどの充実により、客単価の引…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]