/

期日前投票は11.8% 全国の303市区議選

総務省は21日、統一地方選後半戦の期日前投票の最終結果を発表した。283市議選と東京特別区の20区議選は有権者の11.8%に当たる450万4487人が20日までに投票を済ませた。59市長選と11区長選は11.6%で121万3591人だった。ともに前回2015年を1.7ポイント上回った。

都道府県別で市区議選の期日前投票をした人の割合が最も高かったのは鹿児島県で30.7%、最低は9.1%の埼玉県だった。市区長選では香川県が最も高く27.6%、最低は大分県の8.0%だった。

66町村長選は有権者の19.7%、282町村議選では16.0%が投票を済ませた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン